アクア日記 2

フィルターの話

今回立ち上げた60㎝レギュラー水槽のフィルターですが、
こちらを使っています。

水中フィルター

エーハイム バイオパワー2411

このフィルター、我が家ではこれで4台目。
水草水槽にはなかなか使えるフィルターです。
付属のディフューザーに二酸化炭素のチューブを繋いで直接添加。
COストーンいらずです。

やや本体サイズが大きいので、
30㎝キューブ水槽だと水槽内が非常に狭く感じますが、
45㎝水槽以上なら、自分はなんとか許容範囲として使っています。
その大きささえ受け入れることが出来れば、
機能性、メンテナンス性共に良いフィルターでしょう。


さて、水草水槽のフィルターですが、
自分はそれほど大きなフィルターは必要無いと考えます。
底床全面に水草が繁茂していれば、
フィルターは無くても問題無いとさえ思います。
(適度な水流は必要ですが・・・)

フィルターは大きければ、それだけ水質が安定すると思われがちですが、
そうとも限らないことを経験上感じています。
フィルターの大きさ、ここでは濾過容積についてですが、
それは水の汚れ具合に比例して大きくするべきです。
なぜなら、濾過バクテリアも生物ですから、
餌が無いと生きていけませんし、増殖しません。

水草の水質浄化能力は非常に高いものがあります。
そして、通常水草水槽に泳がせる魚は小型魚が多いと思います。
体が小さいということは排泄量も少ないので、
餌の与えすぎで食べ残しが出ないように気を付ければ、
それほど水を汚しません。
水の汚れが少ないということは、
バクテリアの餌も少ない状態なので、
それに見合った小さめのフィルターで十分と言えます。

ここからはイメージの話ですが、
大きめのフィルターを使って濾過容積が増えても、
そこに定住するバクテリアの量が少ないと、
使われない濾材が多くなります。
そうなるとその「空き家」に「好ましくないもの」が住み着いて、
環境の安定を妨げているような気がします。

「何が原因かハッキリしないけど、水槽の状態がいまいち・・・」
なんてことはありませんか?
そんな時、濾材の量を減らして濾過容積を減らしてあげるだけで、
好転することがあります。
なかなか勇気のいることですが、
濾過不足は換水で補えるので、
試しに濾材を少し減らしてみると良いでしょう。


色々御託を並べてしまいましたが、
以上のような観点からも、
このエーハイム2411は、
60㎝ワイド水槽くらいまでの水草水槽にはちょうど良い濾過容積だと感じています。
1~2か月に一度のメンテナンスは必要ですが、
メンテナンス性にも優れているのでそれほど苦になりません。
ちなみに、45㎝水槽で使うときには、
真ん中のエーハイサブストラットプロを入れるケースを外して、
上下のスポンジ濾材のみで使用しています。
高さ的にもこのままだと水面から頭が出てしまうので・・・。


スポンサーサイト

≪ 1週間経過!ホーム動き出しました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード