アクア日記 2

1200水槽の水草たち その5

この草との付き合いも長くなってきました。

ブリクサsp.キンバリー

一番後ろに棚引いている水草。
ブリクサsp.“キンバリー”です。
この記事で紹介した株が大きく育ったのが画像の株です。
まだあの時のままの鉢植えだったりします。
まぁ、丈夫な草なので、
それなりの環境を準備できれば、
ご覧の通り、邪魔なくらいに育ってくれます。(^^;

2000年の秋にドイツのH.B.D(ハンズ・バース・デソー)、
通称バース便でサンプル入荷したものを入手してからの付き合いなので、
もう16年以上経ちましたか。。。
実生により代替わりはしていますが、
長い付き合いになったものです。
今後も出来るだけ長く維持できるように育てていきたいですね。
スポンサーサイト

1200水槽の水草たち その4

ちょいとピンボケですが。。。

セトヤナギスブタ?

ブリクサの一種です。
購入時は「ヤナギスブタ Blyxa japonica」として導入しました。
それっぽい葉も付いていたのですが・・・。
当初は別の水槽で育てていましたが、
どうにもそれらしい草姿にならない。
おそらくその草姿から、
「セトヤナギスブタ Blyxa alternifolia」ではないかと。

この1200水槽には、
別水槽で殖えたものを株分けして植えたのですが、
思った以上に順調に育ち、
あっという間にもさもさに育ちました。
栽培は容易ですね。
ブリクサショートリーフで流通する種類と似ていますが、
ショートリーフほど葉の赤みは出ないようです。

1200水槽の水草たち その3

フィルターの出水口が前にかかって少し見難いですが。。。

エキノドルス デビルテール

エキノドルス デビルテールです。

葉の感じはアマゾンソードに似ています。
ただ、葉形は安定せずにやや歪な葉を展開することもあります。
名前の由来はその葉の形が悪魔の尻尾の形に似ているからのようですが、
うちで現在展開している葉っぱは、
アマゾンソードに近くなってきてしまいました。。。
画像ではわかりませんが、
ちょうどシュートが出始めたので、
近いうちに子株が採れるでしょう。
違う環境で育てたら悪魔の尻尾になるんでしょうか?
試してみたいと思います。

栽培自体は容易で、
明るい環境で、肥沃な底床ならば順調に生長してくれます。

1200水槽の水草たち その2

今日紹介する水草。

ラッフルソード・プラント

ラッフルソード・プラントです。
何の変哲もない。
普通の。
数百円で買いました。

でもキレイ。。。
良いですね、このエキノ。
産地名付きの本種も、
過去にいくつか入荷しているようです。
個人的には、2000年前後に極少数流通していた、
パンタナル・ラッフルソードを育ててみたいですが、
今でも国内に残っているんですかね?
ファーム物よりやや細葉でウェーブが強い特徴があったんですよね。

そういえば、吉野敏氏著「世界の水草728種図鑑」を見ていて気付いたんですが、
昔から使われている本種の学名、Echinodorus major がいつの間にかシノニムになっていたんですね。
現在では、E.martii が有効のようです。

1200水槽の水草たち その1

今日は1200水槽の水草をご紹介。

e-breheri-compact.jpg

ブロードリーフ・アマゾンソードプラント“コンパクト”

北米便で入荷した改良品種。
これは良いエキノドルスだと思います。
育てやすいし、葉幅が広く見栄えも良い、
そして、コンパクトの名の通り大きくなり過ぎないので、
60㎝水槽でも使えるエキノドルスでしょう。

e-breheri-compact2.jpg

水上葉で入手しましたが、
難なく水中化。
炭酸ガス無添加ですが順調に生長しています。
もっと注目されても良いエキノドルスだと思うんですけどね。
まぁ、今は水草よりアグラ、ホマ、その他の陸上植物のほうが注目されているご時世ですからね。
エキノドルス自体の人気も下火ですから仕方がないのかもしれません。

1200水槽の住人たち その4

今日のお魚は、本来の色が出ていませんが・・・

シザーステール・ラスボラ

シザーステール・ラスボラ Rasbora trilineata です。
調子が良いと尾鰭の上下にそれぞれ、白黒黄の斑紋が入り、
その模様からシザーステール=鋏の尾鰭と呼ばれています。
書籍などでは全長5㎝となっていることもありますが、
実際にはもう少し大きくなり、
60㎝水槽ではやや圧迫感を感じてしまうかもしれません。
泳ぎも俊敏なことから、
90㎝水槽以上の水槽に群れで飼育すると本来の魅力を堪能できるかと。

サイズはやや大きめのお魚ですが、
温和なので、極端に動きの遅い種類でなければ、
色々な種類との混泳が可能です。

1200水槽の住人たち その3

今日はこのコ。

r-bankanensis.jpg

ラスボラ バンカネンシス Rasbora bankanensis

地味です。笑
でも光の当たり具合でキラリと光ります。
玉虫色に。
ただ、この水槽だと少し明るすぎますね。。。

おススメは、やや暗めの環境で、
水槽上部の手前のみにライトを置いて、
体側に光が当たるようにすると、
本種の魅力を最大限引き出せます。

体を翻した時に一瞬見せるその美しさは、
他種にはあまり無い独特の美しさです。

1200水槽の住人たち その2

今日紹介するのはこちら。

“ラスボラ”ヘンゲリー

“ラスボラ”ヘンゲリー “Rasbora”hengeli です。
こちらも数年前に学名が変更されて、
Trigonostigma hengeli となっています。

昨日紹介した同属のヘテロモルファやエスペイに比べると一回りから二回りほど小さく、
オレンジに染まる面積も一番小さいです。
他二種に比べてすっきりとした爽やかな印象で、
群泳させると水草レイアウト水槽によく似合います。
個人的には本種が一番水草との調和が良いように思います。

画像の個体はまだ若いですが、
成熟しても昨日のヘテロモルファのように体高が出てくることはないようです。

1200水槽の住人たち その1

現在1200水槽に泳いでいるお魚をご紹介。

今日はこちら。

“ラスボラ”ヘテロモルファ

“ラスボラ”ヘテロモルファ “Rasbora”heteromorpha です。
正式にはトリゴノスティグマ ヘテロモルファ Trigonostigma heteromorpha ですね。
このヘテロ、この記事で紹介したヘテロたちが成長した姿です。
同じ個体かどうかは判りませんがね。

当時はまだ幼い姿でしたが、
今は大きく貫録のある姿へと変貌しました。
とはいえ、数は徐々に減ってしまったので、
また機会があれば追加導入したいのですが、
最近はこのレッドタイプの入荷が無いんですよねぇ。。。
レッドタイプは成長すると画像のように体高が出てカッコ良くなるんです。
また入荷しないかなぁ。

ものすごく、お久しぶり

気が付いたら、放置したまま1年3か月ほどが経過していました。。。
もう、ほとんど見ている人も居ないと思いますが・・・
また気まぐれで更新していこうかな、と。

最近ではTwitterやらInstagramが主流となっているようですが、
あえてのブログで。

最近ではアグラオネマやホマロメナなどに代表される熱帯の陸上植物が人気のようですが、
あえての水草&小型熱帯魚のみで。

この1年3か月、アグラオネマやホマロメナ、
ジュエルオーキッド、珍奇植物、
シダやツタなどを使用したテラリウム、
そしてヤドクガエルまで、
ネット上での皆さんの興味の移り変わり、
昨今のブームなどを色々見てきましたが、
幸か不幸か、そのいずれにも触手は動かず・・・(苦笑)

自分は変わらず水草と小型熱帯魚、
そしてクリプトコリネの水上栽培。

で、ネット上をあちこち見ていて思ったのが、
アクアリウム関係の情報が極端に減ったなぁ、ということ。
まぁ、情報発信の主流がSNSに移行しているというのもあるでしょうが、
それにしても・・・
ってことで、
あえてのブログで。
あえての水草&小型熱帯魚のみで。

まぁ、ボチボチいきます。

復帰一発目の画像は1200水槽の現在。

1200水槽

二酸化炭素の添加はなし。
常時エアレーション。
地震&魚の飛び出し防止の為に水位は下げてます。
ライトはコトブキのフラットLED、120センチ用を2台、
水面から30㎝弱の高さで吊り下げ。
底床は「水草一番サンド」。
肥料は水草の調子を見ながら、
適宜カミハタおこしやカミハタスティックを埋め込んでいます。
魚は主にラスボラの仲間、
水草はエキノドルスやスリランカ産細葉クリプト、
ハイグロフィラ ポリスペルマなどを中心に、
二酸化炭素の添加が無くても育つ種類を植えてます。
ブリクサの仲間がかなり好調なのがちょっと意外。

さて、この水槽ですが、
リセットした直後の状態を過去にブログで上げていました。
こことか、
これとか、
これなんかもそうですね。
気付いたら2年以上経っていました。
植えたクリプトの大半は溶けました。。。
いくつか残っているものもありますが、
根まで逝っちゃったものもちらほら。
で、今は上記のラインナップです。
照明がボルテスからLEDに変わってます。
かなり明るくなって水草の調子が一気に上がりました。
このコトブキのフラットLED、自分は結構気に入ってます。

Home

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード