アクア日記 2

使用感 第一印象

さて、新しく導入した照明器具「ヴォルテス」
まだ一日しか使用していませんが、
使用感、というか第一印象を書いてみましょうか。

30キューブ&45cm水槽

一応購入前にネットで情報を集めてみましたが、
色味で好き嫌いが分かれているように感じました。
水草育成にはホワイト球を使用すると思うのですが、
若干青みが強いように思います。
上の画像はホワイトバランスを若干弄っているので、
実際にはもう少し青みが強いです。
色温度が高いんでしょう。

45cm水槽正面

この画像が実際の見た目に近い色合いかもしれません。
しかしながら、個人的にはこの色は嫌いじゃありません。
赤い水草もそれなりに見えますしね。
水もクリアーに見えますから。

正面から

光量については、
45cm水槽まででしたら、
1灯でもいけるでしょう。
ただし、点光源で尚且つ灯具が円形なので、
若干は両サイドが暗めにはなりますけど。
まぁ、直管15W蛍光灯2灯を使うよりは、
同じワット数でもこちらのほうが明るいかな。
自分は30キューブ水槽と45cm水槽を並べて置いて、
そこに2灯を使用しています。
光量としては十分ですね。

水面を覗くと・・・

上部が開放的になり、
上から水草を眺められますし、
メンテナンス時にわざわざ蛍光灯を外す手間が無くなったので、
ちょっと気になった部分があったらすぐに手を入れられるのは良いです。(^^)

個人的には今のところ満足です。
灯具が若干大きいのも、
好き嫌いが分かれる部分でもあるかもしれませんが、
自分にとっては、
従来の蛍光灯を乗せていたのに比べれば大した問題ではないです。

さて、これからしばらくは、
新しくセットした30キューブ水槽の立ち上げに全力を注ぎます!
とりあえずは毎日換水ですね。
アマゾニアのおかげで、
しっかり水が茶色く色付くので。(苦笑)


おまけ

黒水水槽側面から

黒水水槽を側面から撮ってみました。
じつはこちらのほうが見栄えが良い。(爆)

黒水水槽正面から

こちらが正面。

水面を覗くと・・・

でもやっぱり水面から覗くのが一番良い。(^^)


さらにおまけ

ピンクストライプ

ますますエグイ色になってきた。。。

斑が出る条件、
正直掴みきれていません。(バキ)
貧栄養で出るなんて話もありますが、
この水槽は毎日液肥入れてますし。
どうやったら斑って出るんでしょ?
っていうか、
なんでこれ綺麗に斑が出てきたんだろ??(自爆)
狙ってこれくらいの斑を出せるようになりたいですねぇ・・・。
スポンサーサイト

設備変更

今日は天気も良く、
どこかに出かけるには良い陽気だったのですが、
ちょいと家を空けられない事情がありまして、
どうせ一日家に居なきゃいけないんだったら、
色々やっちゃおうじゃないの!
ってことで、
GWにやろうと思ってたことを前倒しでやってみました。(^^)

デジイチ画像 4243_r1_1

これが・・・

デジイチ画像 4246_r1_1

こんな感じに。

照明を吊り下げ式のヴォルテスに換えてみました。

上段手前の30キューブ水槽はヒュードロイが植わっている水槽だったのですが、
いまいち調子が悪かったので、
一度全て引っこ抜いて、
そのついでに下段奥の魚水槽を撤去して、
そちらに移動。
底床クリーナーをしっかりかけて、
再度ヒュー様を植えておきました。

で、空いた上段手前には、
新たに30キューブ水槽を設置。
とりあえず、
底床敷いて、
水張って、
フィルター回して、
他水槽でトリミングした水草を適当に植えておきました。
水槽がある程度立ち上がるまでの、
仮植えです。
レイアウト水槽ではなく、
畑水槽ですが、
まぁ、ちょっと遊んでみます。

まだ二酸化炭素の配管と、
配線の整理が出来ていない・・・(爆)
朝からやっているのですが・・・(更爆)
もう少し、ガンバリマス。(^^;

導入ラッシュ!

ここ最近、アクアに対するモチベーションが上がってきているのを良いことに、
色々新規導入をしております。
ゴールデンウィークには水槽の置き場&設備をいくつか変更しまして、
魚水槽を1つ減らして、
水草水槽を増やす予定も・・・。
やることはたくさんあるので、
knとかEQには構っていられないのです!(笑)

ってことで、
ゴタゴタは今回は華麗にスルーしまして、
ここ最近新規導入した水草をご紹介。

新しく国内にもたらされる水草も良いのですが、
昔入ってきて、そういえば最近見かけないなぁ・・・
なんて水草を積極的に導入・維持していこうかと思いまして・・・。

懐かしの・・・

まずはこちら。
ローライマ バコパ
某大型ネットショップでは、
この名前でパンタナル バコパが売られていたりしまして(爆)
あれ?もう本物って国内に無いの??
なんて思ってしまったりもしましたが、
ありました。(^^)
質感はパンタナル産に近いのですが、
それよりも大型に育ち、
見分けは容易です。
何で混同してんだろ??(苦笑)

次は・・・

懐かしの・・・その2

ちょっと分かりにくいですが、
長い葉っぱの水草です。
エキノドルスsp.“アルタミーラ”
97年に採集された細葉のエキノドルス。
販売しているショップは非常に限られているでしょうね。
10年くらい欲しいと思いながらも、
なかなか入手出来なかった種類なので、
思い入れも強いのです。

懐かしの・・・その3

続いてはこちら。
エキノドルス オパクス“ウルグアイ産”(初便)
これも長年入手したいと思っていた種類で、
これを入手したことにより、
深緑系エキノは一先ずこれで打ち止めです。
植えるところももうないし・・・。

前回紹介したタパジョスドワーフ二ムファ“グリーン”も含めて、
上記の水草は8?10年以上前に導入された水草で、
最近ではあまりショップでは見かけなくなってしまった種類です。
今後も出来るだけ長く維持していけるように、
頑張っていこうかと・・・。

とは言っても、
最近の水草でも魅力的な種類はあるわけで・・・(^^;

SR“マーブルクイーン”

わかるかな?

スターレンジ“マーブルクイーン”
テフェ産のスターレンジの斑入りです。
画像では表現しづらいですね。(汗)
そのうち上から撮ってみます。
まずは殖やさねば!

ロタラsp.パール?

ロタラsp.パール?
グリーンマクランドラの矮小化株が固定されたものですね。
以前から知られるパールに比べると、
一回り大きく、
ノーマル種と?の中間的な雰囲気です。
先祖返りしないように育てたいと思います。(爆)

再チャレンジ

ギニアン アンブリア
これは以前栽培していましたが、
溶けちゃいまして・・・(自爆)
リベンジです!
アンブリアの仲間の中では、
気難しい種類だと思います。
今回は上手くいくかなぁ?

そして最後は・・・

新種クリプト

ローライマ バコパの後ろにある面長の葉っぱ。
はい、TB便でやって来た、
中国広西チワン族自治区の、
クリプトコリネsp.“Guangxi”です。
草姿と苞のアンバランスさにやられました。(苦笑)
これは良いです!
自分はヘ○タイなので(自爆)
2株導入しまして、
水上と水中、
両方でのチャレンジです。
栽培は簡単そうな雰囲気もありますが、
どうですかね?
とりあえずは殖やすのを目標に頑張ってみます。
花は・・・まぁ、そのうち見られれば。(^^;

こんな感じで、怒涛の新規導入ラッシュなのであります。



おまけ

バース便子株

エキノドルス ホレマニー バース便
芋から外した子株です。
まだ小さいですが、
順調ではあります。

あ、キングオブエキノはやっぱりホレマニーでしょ。
サターン?
ただのコレクションアイテムです。
美しさならホレマニー、オパクスのほうが上でしょ。
水槽での使いやすさから考えても、
上記2種のほうが上です。
サターンは大株になるとまとまりがなくなるんですよね。
値段で言ったらサターンがキングですが(爆)
草の価値で言うと、
個人的にはキングがホレマニー、
クイーンがオパクスだと思ってます。(^^)

Leaves

先日久々に某屋上熱帯魚売り場に行きまして、
やっぱり水草水槽は綺麗じゃないとダメだね!
ってことで、
ここ数日モチベーションが上がってきております!!(笑)
日曜日には、
ここ最近忙しさにかまけて手付かずだった水草のトリミング&換水を片っ端から行ないまして、
と言っても、まだまだ中途半端ではありますが(汗)
さらにモチベーションを上げるべく、
新たな水草も導入してみたり・・・。

タパジョスドワーフ二ムファ グリーン

タパジョスドワーフ二ムファ グリーンです。
レッドタイプは最近見かけるようになりましたが、
グリーンは見かけなくなりましたね。
ちなみにレッドもこのグリーンも、
98年9月に採集された睡蓮の一種です。
ランナーで殖えますが、
増殖スピードは、サンタレン産のドワーフ二ムファに比べるとゆっくりなようです。
まぁ、あちらが速すぎるのかもしれませんが。(爆)

もう一種、新規導入の水草がありますが、
それはまた、機会があれば紹介します。




もはや「園芸」となりつつある(なってしまった?)クリプト栽培ですが、
そこはやはり水草!
ということで、アクアの世界に引き戻してくれる黒水水槽。
お次は久々に、うちの黒水水槽の現状です。

黒くない黒水水槽

まったく黒水じゃねぇ・・・orz
でもしっかり育ってますよ。
よく見ると・・・

おっ?

フルボッコ!

ボッコボコです。
これはスンガイコルのcf.ボルネオエンシスです。
もしかしたら黄花が咲くかも?
混生している自生地ですからね。
どちらにしても、この葉はかっこよい。
この水槽、
気が向いたときに時折換水してます。
2?3ヶ月に一度、半分くらいでしょうか。
毎回「溶けちゃうかな?」とドキドキですが(^^;
今のところ溶けたことはないですね。


ホレマニーグリーン オリエンタル便

やっぱりホレマニーは好きです。
美しい葉っぱ・・・。


以下、個人的なメッセージです。
バース便のホレマニー グリーン、
小株採れました。
まだちっこいので、
頑張ってもう少し大きくしておきます。(^^;

大変ご無沙汰しております(汗)

しばらく沈んでおりました。(爆)
ちょいとバタバタした日々が続いておりまして、
水槽のメンテナンスも思うように出来ておりません。。。
有茎草が伸び放題・・・(バキ)
トリミングどころか、換水もなかなかできていないという状況でして・・・。
まぁ、ぼちぼちガンバリマス。。。

クリプトもほぼ放置状態ですが(^^;
コルダータ系だったり、
バンカエンシスだったり、
ミニマだったり、
ウンデュラータだったりが咲いていたようです。
横目でチラリ程度しか見ていませんが。(自爆)


さて今日は、とある方からリクエストがありましたので・・・

AZ便で入荷したマレー半島産の斑入り?のクリプトたちのその後です。

まずは・・・

ヴァリエガータ 新葉

cf.アフィニス ヴァリエガータです。
少しだけ、ラインの色が抜け始めました。
これは育てることさえ出来れば、
比較的容易に葉脈のラインが出てくれる気がします。
ただ、現地葉のように・・・

ヴァリエガータ 現地葉

ピンクになるかは分かりませんが。(バキ)


お次は・・・

Rosen Maiden

斑が消えていく・・・


sp.Rosen Maidenです。
予想通り、斑は消えてきました。(苦笑)
このタイプの葉脈を中心にボヤ?っと色が抜ける斑入り?のクリプトは、
以前一般便で入荷したcf.プルプレアの中からも見つけたことがありますが、
斑の維持は出来ませんでした。
かつて数回入荷した斑入りポンテデリフォリアもこのタイプですね。
あれも今では普通のポンテです。(爆)


最後は

ルミナリエグリーン斑入り

ルミナリエグリーンの斑入りです。
ピンクラインの斑入りは、
このルミナリエと一緒なんじゃないの?
って思ったので入手しませんでした。
根拠はありません。
ただの勘です。
でも、この株も赤くなってきましたし、
やっぱり・・・?
斑の維持をするなら、
Rosen Maidenよりはこちらのほうが可能な気がします。
これも勘。(^^;
今後、斑は消える可能性のほうが高いですけどね。

現状ではこんな感じです。
どの株も生長は遅いものの、
しっかり根付いていますので、
とりあえずは一安心。
今後を見守っていきます。


おまけですが・・・

最近、こんな種類にも久々に再挑戦しております。

アウリク ビトン

新芽

アウリクラータ ビトン産

アウリク マドール

新芽

アウリクラータ マドール産

どちらもしっかり生長しております。(^^)

では?!

Home

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード