アクア日記 2

有茎いろいろ

カメラを持ったついでに、
適当に有茎草をパチリッ!

ギニアンルド

相変わらず綺麗な赤系水草、
ギニアンルド。
ちょっと調子を崩してしまい、
現在建て直し中ですが、
ほんの数本でも、
存在感のある有茎草ですね、これは。

ミズネコノオ

沖縄産として入手したミズネコノオです。
まぁ、普通のミズネコノオと大して変わりません。(^^;
ミズトラノオよりは水中向きな気がします。
南方系の水草なので、
水中での維持管理も比較的楽ですし。
ただ、やはり基本は水辺の植物としての傾向が強いようで、
生長が速く、
すぐに水面を出ようとします。(苦笑)

スレンダーマヤカ

スレンダーマヤカ。
サイズ的に小型水槽向きの水草なので、
レイアウトで活用できないかと考えてはいるのですが、
なかなかレイアウトで使うのは難しいですねぇ。
今のところ、コレクションアイテムとなっています。(バキ)
次の30cm水槽のレイアウト変更時には、
なんとか使ってみます。

アマゾンハイグロ“レッドライン”

アマゾンハイグロ“レッドライン”
良い草だと思います。
でもまだその魅力を出し切れていないです。
もう少し見やすいところで、
スペースをある程度とって育ててあげたいところですが、
現状ではちょっと難しい・・・(爆)

赤い葉脈

でもこの葉は綺麗ですからねぇ。
なんとか各水草の配置変更で、
しっかりとその魅力を楽しみたいな、と。

プロセルピナカ パルストリス

プロセルピナカ パルストリス
あまり相性が良くない水草の一種です。(^^;
何でだろ?
現在真面目に栽培し始めましたので、
とりあえずしばしお待ちを。
頑張って群生画像を紹介したいと思います。
スポンサーサイト

復活

ちょっと忙しくて管理をサボると、
途端に調子を崩す水草があります。
基本的に水草は新しい水を好むので、
週一で換水をしていれば、
大きく調子を崩すことは少ないんですが、
生長した他種がオーバーハングして光を弱めてしまったり、
繁茂した水草によって通水性が悪くなったりすると、
ガクッと調子が悪くなる種類があります。

ホシクサの仲間は光がある程度弱いのには耐えられるようですが、
通水性が悪くなると溶けが出ることが多いですね。
有茎タイプのホシクサはまだ良いのですが、
ロゼットタイプは特に被害が出やすいです。
今回紹介するホシクサも、
危なくロストするところでした。(大汗)
ギリギリのところで救出し、
なんとか復活です。

ホシクサsp.“ギガンテ”

ホシクサsp.“ギガンテ”です。
AZ便で入荷したWILD株を入手し、
水中でずっと維持してきました。
株分かれもして殖えていた時期もあったのですが、
ちょっと油断していたら溶けが出て、
結局画像の1株に・・・。
でもこの株はすでに株分かれしているので、
そのうち分けて、
1株は来年屋外で水上化させてみようと思ってます。
ただその前に・・・
この水槽は30cm水槽なのですが、
サイズ的に限界が近いです。(^^;

余談ですが、
某オークションでギガンテの出品がありましたが、
あれってホントにギガンテ?
ゴイアスのように見えるのですが・・・。


ホシクサsp.タイ産

ホシクサsp.“タイ産”
インボイスはキネレウム。
タイランドドワーフと同種か非常に近いタイプです。
前身の「アクア日記」でも何度か登場していたものです。
この種も危ない橋を何度か渡っている水草で、
毎回ギリギリのところでロストを免れています。(汗)
ちなみに、オリエンタル便のキネレウムもあったのですが、
そちらはロストしてしまいました。(爆)

ホシクサsp.タイ産

現在、株数は十分あります。(^^)
でも、1つの水槽に入れていると、
調子を崩した時には一気にロストしてしまうので、
この水槽とは別に45cmのほうにも3株ほど保険で植えてあります。


スターレンジ“アルタミーラ”

スターレンジ“アルタミーラ”
ロストの危機とまではいきませんが、
これも一気に本数が減ってしまいました。
現在3本・・・。
そのうち、大量生産します。(謎)

折角入手した水草ですから、
出来るだけ長く維持していきたいですし、
その魅力を十分楽しめるように、
カッコ良く育てたいと思いますが、
やっぱり忙しいとなかなか、ねぇ。(^^;
正直、有茎草の管理とか、
最近たまに面倒くs・・・(バキ)

立派に育ってます

三度目の登場でしょうか?
ブラジリアンエンゼルこと、
ドゥメリリィエンゼルです。

餌くれ?

餌食いも良く、
サイズも二回りほど大きく育ってます。

アイシャドー

最近は口周りが黄色く発色してきました。

どアップ

眼の後ろのブルーメタリックも綺麗です。
↑の画像はフラッシュがきつすぎてちょっと不自然な感じもありますねぇ。

横顔がカワイイ

↑こちらのほうが自然な色味ですね。
導入した3匹ともに元気ですが、
みんなオスかも。(汗)
小競り合いはしますが、
ペアらしい行動は皆無です。(^^;

個体差

タイプがあるのはクリプトに限ってのことではありません。
エキノドルスにもタイプがあるわけで・・・。

先日の日記でも紹介したエキノドルス ホレマニーですが、
これにもいくつかタイプがあります。
レッドやダークグリーンもホレマニーの1タイプなのですが、
今日はグリーンに限って、
さらにその中の3タイプを紹介。

ホレマニー 3タイプ

各タイプの葉を並べてみました。
左から見ての通り、ブロード、ノーマル、ナロー。

ブロード

↑WILDで8年くらい前に入荷したブロードタイプ。
産地は不明です。
当時は時折現地採集株の入荷はありましたが、
産地付きでの入荷は稀でしたからね。

ノーマル

↑ピントがずれてて申し訳ない。(^^;
先日の日記でも紹介した、
オリエンタル便で昨年か一昨年に入荷したノーマルタイプ。
一番ホレマニーらしいホレマニーかもしれません。
書籍などに載っているのも、
このタイプに近いものが多く掲載されているようです。

ナロー

↑これもピントが・・・(爆)
9?10年くらい前にバース便で入荷したナロータイプ。
このタイプはネット上でもあまり見かけないですね。
バース便での入荷もこの時以降無いのではないでしょうか?

一番栽培しやすいのは、ノーマルタイプ。
生長も早く、素直に育ってくれます。
一方、ナロータイプはあまり大きくならないタイプなのか、
生長も遅く、30キューブ水槽にちょうど収まるサイズです。
もう少し栽培環境を見直して、
どこまで大きく育てられるのか試してみたいのですが、
それはもうしばらく先になりそうです。(^^;
ブロードタイプは栽培自体は容易で、
生長速度もそれほど遅くはないのですが、
草姿がやや乱れやすく、
素質を十分に引き出してカッコ良く育てるには180cmクラスの水槽が必要かも。


ちなみに、120cm水槽に植わっているブロードタイプの現在の様子がこちら↓

ブロード

かなりの枚数の葉をカットしたあとなので、
ちょっとカッコ悪いですが(バキ)
株自体は元気です。

幅広の葉

大株になるとこんな感じで丸葉に近い葉を展開してきます。

新葉

ホレマニーの新葉はどれも非常に美しいですが、
ブロードタイプは特に葉脈が美しい・・・。


この他、デナリー便で入荷したホレマニーもあるのですが、
あれはホレマニーではないですね。(爆)
ウルグアイエンシスか、ハイブリッドか・・・。
まぁ、分類上はホレマニーもウルグアイエンシスのシノニムに落とされてしまったので、
同種なのですが、
アクアリウム的にはやっぱり別物なのです。
葉の質感がまったく違うんですよね。

最近、久々にデナリー便が入荷して、
ホレマニーもグリーンとレッドが入荷したようで、
某ショップに見に行きましたが、
自分にはどちらもホレマニーではないように見えましたので、
導入せずに帰ってきました。(苦笑)
デナリーのカタログには、
ちゃんとしたホレマニーが載っているんですけどねぇ・・・。
もう入荷しないのかな。

ケトル内部

更新をサボっている間に(爆)
プルプレアが再度開花していたので、
ケトル内部を撮ってみました。
取り急ぎの撮影だったので、
sonsi氏のような立派な画像ではないですが、
とりあえず・・・(汗)


プルプレア ケトル内部

チューブからケトル内壁まで、
色素はまったくありません。

雌しべ7本

雌しべは7本ですね。


クリプトを分類する上で、
ケトル内部の形状は重要でしょう。
バスメイヤー氏のサイトのプルプレアのケトル内部と比べると、
この株には若干の差異があります。
しかしながら、
バスメイヤー氏のサイトにあるケトル内部画像はたった4枚です。
こちらは1個体のみの参考画像のみ。
それを比べて、若干の差異があるからプルプレアではない、
とは言えないと思います。
栽培下でも雌蕊の数は変化するようですしね。

ついでにヤコブセニーのケトル内部の画像とも比較してみましたが、
そちらとも差異があるように感じます。
でもこちらもケトル内部画像は2枚のみ・・・。
比較するにはあまりにもサンプル数が少な過ぎます。

それでも、ケトル内部のみで種を断定しようとすると、
この株は現在記載されているマレー半島のクリプトには該当種がなく、
新種ということになってしまいます。(^^;

カラー部分

しかし、苞はこのような、
プルプレアと非常に酷似した形状をしています。
以前にも書きましたが、
プルプレアが交雑種で、
その片親は産地によって差異が大きいコルダータである、
尚且つ、離れた複数の場所(少なくとも2産地)で確認されていることを踏まえて、
葉の形状、色彩、株の性質、苞の外観などを総合して考えると、
これはプルプレアで良いのではないか、
というのが、素人の考えであります。(汗)

長い・・・

先日の記事でも紹介したエキノドルス ホレマニー“グリーン”。
古葉をカットしたので葉数はそれほど変わっていませんが(バキ)
順調に生長しています。

ホレマニーグリーン

全体の草姿は整ってきたでしょうか。

が、しかし、
本日注目はその後ろの草。
ブリクサsp.“キンバリー”

ブリクサsp.“キンバリー”

前身の初代「アクア日記」では何度か紹介していますが、
過去にバース便で入荷したものを、
実生にて維持しております。
葉が捩れて展開して、
非常に綺麗なブリクサではあるんですが、
如何せん葉長が・・・(爆)

全体

この水槽は水深45cmあるのですが、
余裕で棚引きますからね。(汗)
あまり人気が無いのも頷けます・・・。

栽培は容易で、
ソイルが無難ではありますが、
大磯でも十分育ちますね。

それにしてもこの水槽・・・
スネール多すぎ!(大爆)

ごっつい

45cm水槽の一角を彩るアマゾンハイグロ“パープル”が、
非常に綺麗に、ごっつく育っていましたので撮影。(笑)

アマゾンハイグロ“パープル”

這うイメージがあったのですが、
意外に立ち上がる傾向が強いですね。

上から

ややホワイトバランスがおかしなことになっていますが(汗)
上から画像です。
直径で8cm前後でしょうか。
色もさることながら、
しわしわの葉っぱもなかなかカッコイイ!

アマゾンハイグロ“パープル”

ネイチャー系のレイアウトではちょっと使いづらいかな?(^^;
流木の際などでポイント的に使うには良いかも。
でもMAXに生長したときのサイズを考えると、
90cm以上の水槽で使うのが良いかもしれません。

レイアウトを泳ぐのは・・・

一つ前の記事にチラ写りしていましたが・・・(苦笑)

30cmレイアウト水槽にお魚を投入しました。
水槽が小さいので、
それだけでも入れられる魚の種類はある程度制限されるのですが、
さらにレイアウトに合った魚となるとさらに候補は絞られ・・・(爆)
これは魚に限らず、水草でも言えることですが。

最近はアクアジャーナルを読んでいないのでわかりませんが、
ADAのレイアウトでも、
中を彩る魚や水草の種類に代わり映えがしないと感じる方も居るのではないでしょうか?
よく使われる水草は有茎ではロタラ系(グリーンやロトンジ辺りが頻度が高いでしょうか)、
下草ではヘアーグラス、グロッソ、E.テネルス、
それにポイントとしてや中景としてミクロソリウムとボルビティスといったところでしょうか。
魚は流線型ならカージナルテトラ、ラミーノーズテトラ、
体高がある魚としてはレッドファントムテトラやラスボラ ヘテロモルファが登場頻度高めですかね。
もちろんそれ以外の水草が使われることもありますが。

でも、使用頻度の高い水草や魚は、
それだけ栽培や飼育、管理が容易であると同時に、
レイアウトにマッチしやすい、非常に優秀な種類であると言えます。
このブログでも時折紹介するやや珍しかったり個性的な種類の水草や魚は、
個性的すぎてなかなかレイアウトに使いづらかったり、
餌や栽培・飼育環境が特殊だったりで、
ネイチャー系のレイアウトでは導入が難しい場合が少なくないんですよね。(汗)

前置きが長くなりました。(^^;
今回導入したお魚はこちら↓

ジェリービーンテトラ

アフリカに生息する小型カラシン、
ジェリービーンテトラです。

ジェリービーンテトラ

黄緑色とも黄金色とも見える体側の輝きが、
非常に綺麗な小型カラシンです。
今回導入した個体は大きめの個体で、
すでに4cm前後と、
しっかりと成熟した個体ですが、
販売されている本種は2cm前後の小さめの場合が多いですね。

反転

動きが速くてなかなか撮影が難しいですが、
気合で撮りました!(^^;

トリミング後の様子

前回30cmレイアウト水槽のヘアーグラス“ショート”をバッサリとトリミングしましたが、
あれから1週間が経過しまして、
現在の様子はこんな感じ↓

トリミング その後

生え揃ってきました(^^)

順調に・・・

非常に順調です。
グロッソスティグマもそうですが、
まずは状態よく育てること、
そしてトリミング後も、
光や炭酸ガスなどの育生条件を高い状態で維持すること、
これにより大胆にトリミングをしても短期間でしっかりと新芽を展開してくれます。


はぁ?・・・
あとは背景の有茎草ですねぇ。
思うように生長してくれなくて・・・(爆)
さて、どうしたものか・・・。

Home

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード