アクア日記 2

20㎝キューブ水槽

画像は1か月ほど前のものです。

20㎝キューブ水槽

20㎝キューブ水槽。
まだこの頃はコケが酷いですね。
今はほとんどコケも目立たなくなっています。
その様子はまた後日。。。

さて、この水槽ですが、
前回紹介したレッドルブラが植わっている水槽です。
スペックとしては、
フィルターはスドーのエデニックシェルト、
給排水にADAのDo!aquaバイオレットグラス・ミニ、
二酸化炭素の添加器具はADAのボールグラスとグラスカウンター、
ライトはコトブキのフラットLED2032を2台、
底床はプラチナソイルのスーパーパウダー、
肥料はカミハタスティックとテトラクリプトをそれぞれ1/2ずつを埋め込んでスタート。

この水槽には「赤い水草」を集めてみました。
すべて別の複数の水槽で育てていたものを集めてみました。
水槽右手前でコケに覆われているのはレッドファイヤーモスです。
こちらのコケも現在は無くなりました。
ようやく落ち着いてきたところですね。

その他には、
レッドステムワリッキー
ロタラsp.H’ra
レッドテネルス
ニードルリーフルド
ルドウィジア スーパーレッド
ギニアンルド
ロタラマクランドラ ナローリーフ
斑入りマクランドラ
マヤカsp.パラグアリレッド
ベレン産レッドカボンバ
クリプトコリネ スワイテシー“ヤーラ”
クリプトコリネ “フラミンゴ”
アルテラナンテラ レインキー“ALEX”
などが入っています。
タパジョスドワーフニムファレッドやニムファsp.ナイジェリアも植えたはずですが、
休眠に入ってしまったのか姿が見えなくなりました・・・。

生体はエビしか入っていません。
そのうち何か入れようとは思っていますが、
水槽サイズも小さいので、
何を入れようか思案中です。

次回からこの水槽のレッドルブラ以外の水草を少しだけご紹介します。


スポンサーサイト

30㎝レイアウト水槽

少し1200水槽から離れまして・・・
30㎝水槽で楽しんでいるレイアウトのご紹介。

30㎝水槽レイアウト

底床にはプラチナソイルのスーパーパウダーを使用。
吸着系のソイルの中では肥料分が多いようで、
水草の生長もなかなかのソイルですが、
過去の経験から我が家の環境では、
あまりADAのパワーサンドとは相性が良くないように感じたので、
今回は少し違ったセッティングでスタートしてみました。

30㎝水槽レイアウト

と言っても、この水槽をセットしたのはH27年の11月の末でした。
テトライニシャルスティック10g、
テトラクリプト1/2錠、
カミハタスティック1.5本を底にばら撒き、
その上にプラチナソイルスーパーパウダーを敷いて、
最初は全面にロタラ類を植えていました。
トリミングしながら約5か月間維持したあと、
全てを引き抜いて新たにカミハタスティック1.5本を追肥して、
今回のレイアウトを作成したのがH28年の4月中旬。

30㎝水槽レイアウト

立ち上げてからここまで、生体はレッドラムズホーンとミナミヌマエビ、
オトシンクルスしか入れていませんでした。
新しいレイアウトでは下草にコブラグラスを使おうと決めていたので、
黒髭コケの発生を考えて、
今後も生体は上記の3種以外はしばらく入れずに維持していくことに。
まぁ、そのあと結局、黒髭コケの大量発生に見舞われることになるんですが・・・。

現在は水槽立ち上げからは1年2か月、
このレイアウトに変更してからは9か月が経ちまして、
その間に何度かカミハタスティックの追肥をしながら、
一応の完成を迎えました。
画像の時点では上記の生体3種のうち、
オトシンクルスがサイアミーズフライングフィッシュに代わっていますが、
それ以外の魚は入っていません。
が、先日バタフライレインボーを2ペア導入しました。
サイアミーズしか入れていなかったころから、
餌としてブラインシュリンプを毎日少量入れていますが、
目立ったコケの発生も無いので、
環境としてはかなり安定しているようです。

次回へつづきます。


ブロードリーフアマゾン“コンパクト”の記事のコメント欄に名無しさんからコメントいただきました。
増えたらオクに流してください!
とのことですが、
残念ながら自分はオークションは出品も購入もしていないんですよねぇ。
別にオークションを否定するつもりは全くありませんよ。
ただ自分はアクアリウムは完全に趣味でありたいので、
他の愛好家の方々とお金のやり取りはしたくないんですよ。
目の前の草をお金に換算したくないというか・・・
単なる個人的なこだわりです。
過去にはクリプトコリネのトレードなどはしていたので、
うちから出すとすればトレードか譲渡といった形になると思います。
まぁ、時間とタイミングが合えば、ですけど。。。
ということで、うちからオークションに直接出品されることは今後も無いと思います。
申し訳ないです。

30㎝水槽レイアウト作り替え

先週だったでしょうか?
30㎝水槽のレイアウトを作り替えました。
今回は底床はそのままに、
レイアウトのみを変更したので、
リセットではなく作り替え。

底床はこの記事の時と同じなので、
セットしてから一年半以上経過していることになります。
途中一度作り替えているのと、
やや粒が柔らかいソイルを使っているため、
底床クリーナーをかけたら泥状になっちゃうかな?
という不安もあったので、
リセットも視野に入れながらクリーナーで泥抜きしてみると、
思いのほか粒もそのままに汚泥だけ抜けてきたので、
そのまま次のレイアウトを作って、
新たな水景のスタートです。

で、新たな水景がこちら

アヌビアスレイアウト

はぁ~・・・
相変わらずセンスが無いですねぇ・・・。
はい、アヌビアスレイアウトです。
枝状流木にプチナナを瞬間接着剤でペタペタと貼っていき適当に配置、
この記事にも載せた、すでに溶岩石に活着させたアヌビアスナナを左右に配置、
中心には、

アヌビアスナナ“斑入り”

アヌビアスナナの斑入りを小石に活着させて配置。
これは最近入荷した組織培養株のポットものです。
なかなか綺麗に斑が入っています。
1POTに2株入っており、
3POT入手したので6株あったのですが、
そのうち1株は新葉では斑がほとんど入っていない状態だったので、
この水槽には収容しませんでした。
なのでこの水槽には5株が入っています。

アヌビアスの他には前景にアフリカンチェーンソード、
右奥には先日の日記でも紹介した、
スリランカファーム便で入荷したタイガーロータスグリーンの子株も植えておきました。

魚はオトシンクルス1匹のみ。
ミナミヌマエビが15匹前後入っています。

生長の遅い水草がメインですので、
気長に維持していければなぁ、と思っています。
またある程度の生長が見られれば、
お見せしたいと思います。

以下、備忘録。。。

11月30日
クリプトコリネ アウリクラータ Betong
クリプトコリネ ストリオラータ Kutai barat Kab.Kutai-barat S.Mahakam
新規導入。
アウリ Betongは前回入手したものの、突然の溶けにより枯死させてしまったので、
今回は、次は無いものと思って上手く栽培したい。

あ、他産地のアウリクラータはそれなりに順調に育っております。
近いうちに撮影してご紹介しましょうか。

現状報告

ブログ休止前の最後のこの記事で紹介した60㎝特注水槽。
その現在の姿がこちら。

60㎝特注水槽

またもや映り込みが激しいのは申し訳ない・・・。

前回の記事では立ち上げ中で、
その後一度しっかり立ち上げたのですが、
当時使っていたソイルの粒が柔らかすぎて、
底床内に嫌気的な部分が出来てしまい、
水草が育つ部分と育たない部分が出てきてしまったので、
ソイルを変更して再度立ち上げました。

現在使用しているソイルは水草一番サンド。
この水槽でそこそこ調子が良さそうだったので、
120㎝水槽のソイルも水草一番サンドを選択しました。

ベケッティー

クリプトコリネ ベケッティー。
120㎝水槽のベケッティーはこの水槽から引き抜いたものを植えました。

マハラーシュトラ レッド

クリプトコリネ sp. “マハラーシュトラ レッド”
カミハタ、インド便のスピラリスですね。
120㎝水槽に植わっているスピラリスはファーム物で、
ランナーでよく殖えるのですが、
現地採集物のスピラリスはほとんどランナー出さないですね。

クリプトコリネ モエルマニー

クリプトコリネ モエルマニー
アクアフルールからPOTで入荷するモエルマニーは別種です。
あれはウェンティー系の細葉のクリプトですね。
本物はこれ。
見た目はほぼポンテデリフォリアです。
栽培もほぼポンテと一緒。
レイアウトで使うなら、入手しやすいポンテで十分です。(笑)

ブリクサsp.キンバリー

ブリクサsp.“キンバリー”
かなり以前に、バース便でサンプル的に数回入荷したオーストラリア産のブリクサの一種。
株別れでも殖えますが、
実生のほうが簡単に、大量に殖えます。
うちでもずっと実生で維持しており、
画像の株も実生株の寄せ植え。
大型に育ち、葉がねじれるのが特徴。
60㎝水槽では水面に葉がとぐろを巻くので、
大型水槽でないと本種の魅力は楽しめないですね。

アヌビアス&レッドテネルス

レッドテネルスとアヌビアスナナ。
色のコントラストが綺麗だったので。

ホレマニー

エキノドルスも少しだけ。
ホレマニーグリーン“ブロード”
まだ子株です。

オパクス ウルグアイ

オパクス“ウルグアイ”
初便の、葉がいびつになりやすいやつです。

この他、ポルトアレグレンシスやホレマニー“ダークグリーン”などもこの水槽に植わってます。

ロタラマクランドラ ミニ

有茎草も少しですが、入ってます。
これはスリランカファーム便で、
マクランドラナローのインボイスで入荷したものですが、
全く別物ですね。(^^;
マクランドラスモールとかで流通しているのと同じかな?
環境が良ければもっと赤みが増しますが、
グリーンマクランドラ系のロタラです。

そういえばインド便でいくつかの産地のマクランドラが入荷していますが、
赤いタイプの入荷って無いですよね?
国内でロタラマクランドラといえば、
赤い水草の代表のように言われ、
赤いものがスタンダードだと思っていましたが、
現地では珍しいんでしょうかね?

この水槽に泳ぐお魚については、
また次回。

縦置き

120㎝水槽ばかりでもつまらないので、
今日は別の水槽を。

45㎝(H36)水槽

この水槽はブログを休んでいる間に新規に立ち上げた水槽なので、
これがブログ初登場。

水槽サイズは45×30×36(H)㎝という、
少し変則的なサイズです。
しかもそれを縦に置いています。
高さ36㎝を選択したのは、
隣に60×45×36(H)㎝の水槽があり、
それと高さを揃えたかったから。
単に見栄えの問題です。

この水槽は有茎草がメインで、
トニナやケヤリソウも植わっているので、
テトラのPH/KHマイナスで水質を調整した水で換水しています。
底床はえび天プレミアムソイルのパウダー。
下にはパワーサンドを仕込んでいます。

さて、トニナ、ケヤリソウ以外に植わっているのは・・・

斑入りマクランドラ

斑入りマクランドラ。
綺麗な草です。
昔は作出元のオリエンタル社から安価に入荷していたのですが、
今では国内増殖株の流通が少数あるのみ・・・。

斑入りマクランドラ

美しいですね。

それから・・・

マクランドラ ナロー

ロタラ マクランドラ“ナローリーフ”
これも、改良品種としてはかなり優秀な品種だと思いますよ。
斑入りはレイアウトでは使いにくいですが、
このナローリーフはレイアウトでも使いやすいと思うんですけどね。
天野さんも以前はよく使ってたんですが、
最近は使ってないみたいですね。
やっぱり流通量が減っているからかな。

さて、この水槽に泳いでいるお魚は・・・

エンペラーテトラ

エンペラーテトラ

エンペラーテトラです。
状態の良い小さめのWILD個体が入荷していたので導入したのが数か月前。
今では大きく、綺麗に育ちました。
熱帯魚を飼い始めた頃、
もう今から20年以上前になりますが、
このお魚を何度か飼育していました。
今回は久々の飼育となります。
飼い込んだ本種は派手さはないですが、
シックな色合いで非常に美しくなりますね。
一日一回、ブラインシュリンプのみの給餌で育てていますが、
健康的に育っています。

HomeNext ≫

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード