アクア日記 2

フィルターの話

今回立ち上げた60㎝レギュラー水槽のフィルターですが、
こちらを使っています。

水中フィルター

エーハイム バイオパワー2411

このフィルター、我が家ではこれで4台目。
水草水槽にはなかなか使えるフィルターです。
付属のディフューザーに二酸化炭素のチューブを繋いで直接添加。
COストーンいらずです。

やや本体サイズが大きいので、
30㎝キューブ水槽だと水槽内が非常に狭く感じますが、
45㎝水槽以上なら、自分はなんとか許容範囲として使っています。
その大きささえ受け入れることが出来れば、
機能性、メンテナンス性共に良いフィルターでしょう。


さて、水草水槽のフィルターですが、
自分はそれほど大きなフィルターは必要無いと考えます。
底床全面に水草が繁茂していれば、
フィルターは無くても問題無いとさえ思います。
(適度な水流は必要ですが・・・)

フィルターは大きければ、それだけ水質が安定すると思われがちですが、
そうとも限らないことを経験上感じています。
フィルターの大きさ、ここでは濾過容積についてですが、
それは水の汚れ具合に比例して大きくするべきです。
なぜなら、濾過バクテリアも生物ですから、
餌が無いと生きていけませんし、増殖しません。

水草の水質浄化能力は非常に高いものがあります。
そして、通常水草水槽に泳がせる魚は小型魚が多いと思います。
体が小さいということは排泄量も少ないので、
餌の与えすぎで食べ残しが出ないように気を付ければ、
それほど水を汚しません。
水の汚れが少ないということは、
バクテリアの餌も少ない状態なので、
それに見合った小さめのフィルターで十分と言えます。

ここからはイメージの話ですが、
大きめのフィルターを使って濾過容積が増えても、
そこに定住するバクテリアの量が少ないと、
使われない濾材が多くなります。
そうなるとその「空き家」に「好ましくないもの」が住み着いて、
環境の安定を妨げているような気がします。

「何が原因かハッキリしないけど、水槽の状態がいまいち・・・」
なんてことはありませんか?
そんな時、濾材の量を減らして濾過容積を減らしてあげるだけで、
好転することがあります。
なかなか勇気のいることですが、
濾過不足は換水で補えるので、
試しに濾材を少し減らしてみると良いでしょう。


色々御託を並べてしまいましたが、
以上のような観点からも、
このエーハイム2411は、
60㎝ワイド水槽くらいまでの水草水槽にはちょうど良い濾過容積だと感じています。
1~2か月に一度のメンテナンスは必要ですが、
メンテナンス性にも優れているのでそれほど苦になりません。
ちなみに、45㎝水槽で使うときには、
真ん中のエーハイサブストラットプロを入れるケースを外して、
上下のスポンジ濾材のみで使用しています。
高さ的にもこのままだと水面から頭が出てしまうので・・・。


スポンサーサイト

ひとりごと

ナカモトのおじいちゃんは、
ちょいちょいカボンバのことバカにしとるけど、
あの草を長期で綺麗に維持するのって、
なかなか難しいのよ。
安価で売られているからってことで例に出してるんだろうけど、
カボンバ育てるのはあの人じゃまず無理だろうね。
で、状態良く育てられたカボンバの群生って、
もの凄く綺麗だから。
おじいちゃんには死ぬまで解らないだろうけど。

相変わらずのクズっぷりだなぁ、と
ニヤニヤしながら生温かく見守っている今日この頃。


もっと早く消えると思っていたのに、
なかなか消えないのね。
なんか、支持してる人も増えていそうな気もするし。
まぁ、その支持っていうのも、
おじいちゃんというより草に対してみたいだけど。

久々に「草に罪はない」って言葉を目にした。
もう何年も前、クリプトの世界でもそんな言葉を目にしたなぁ。
でも、この言葉、
自分には単なるきれいごとにしか思えないんだよね。
その草を手にする自分を正当化するためのきれいごと。

確かに目の前のその草は、
来たくて日本に来たわけではなく、
人によってもたらされたものだから、
罪は無いかもしれない。
けど、それを採集した人や、採集方法、
国内への持ち込み方など、
どこかに疑念があるのであれば、
やっぱりその便の草には手を出してはいけないんだよね。

例えば、大量に根こそぎ採集して日本に送ってくる。
そんなことをしたら、自生地のダメージがどれほどのことか、
この趣味をやっていればある程度は想像が付くと思うんだ。
おそらく大半の人が批判するだろう。
でも、その送られてきた草には罪が無いから、
折角はるばる日本にまでやってきたのだから、
せめて購入して育ててあげよう。
一見心優しい行為に思えるけど・・・。

でも、そういう無茶な採集をする採り子やそれを売る販売者からすれば、
その人がどう思って購入して育てているかなんてことは正直どうでも良いわけで、
「売れた」という事実が大事で、
売れるんだからまた次回も・・・ってことになる。
そしたら乱獲なんて無くならないし、
自生地なんてあっという間に壊滅するんだよね。
本当に草が好きな人は、
そんな採集の仕方はしない。
おそらくそこまで好きじゃないのよ。
結局お金になるから続けているわけで、
売れなきゃ次は無くなる。
だからこそ、「買わない」って選択肢が重要になると思うの。

「草に罪は無い」って言って導入することは、
その流通の仕方を暗に肯定していることになると思うから、
結果としてその草の自生地での将来にとどめを刺すことになりかねないのになぁ、
やっぱり「草に罪は無い」なんてきれいごとだよなぁ、
なんて思いながら、
ファーム物の水中クリプトの溶け始めた葉を眺める今日この頃。

あ、溶けてんじゃん!(爆)

それはダメじゃない?

お爺ちゃん、
自生地危ないからって、
別の場所に移植しちゃうのはあまり褒められたもんじゃないと思うけどなぁ。

ヨーロッパ勢の分類にいちゃもんつけて、
分類は未来の人に任せれば良いなんて偉そうなこと言ってたのに、
そんな勝手に移植しちゃったら、
その未来の人混乱しちゃうじゃん。

中途半端な保護は、
逆に悪でしょ。

立派なファームがあるって豪語しているんだから、
そこで維持すれば良いんじゃない?

あ、そんな栽培技術無いか・・・。

あー、相変わらずだなぁ。

そろそろ・・・

再始動しようかなぁ…

だからいつまでたっても…(ry

仕事の流れは、1)フィールドへ行く、2)写真を撮る、3)草を集める、4)ファームで保管と
  栽培をする、5)ブログに載せる、6)カタログを作成して送る、7)売って利益を得る、、、こ
  れが一巡して初めて収入になりますが、一人ではとても全部はこなせません。
  私の性格的に一番自信が無くメンドーなのが7)なので代理を立てて対処しています。


偉そうなこと言って、
「保管と管理」の時点でお前は出来てねーじゃねーか!
ってツッコミは置いておいて、

「売って利益を得る」で終わっちゃうから、
それ以上の進歩や広がりが無いことに気づいていないのが残念。
その後の、ある程度の「保障」までやって、
初めてそこに「信用」が生まれて、
次の収入に繋がるのに。

まぁ、しっかりとした「保管と管理」が出来ていれば、
売った後の「保障」なんぞ考えなくても済みますがね。

あ、結局爺様の栽培管理が下手糞なのが一番のネックなのね。

「フィードオンのデブーッ」さんには、
是非ともペット学校で未来ある若者たちに、
「お爺ちゃんのような人間とは関わるな」
と教えて頂きたいところですが、
未だにKN便を仕入れている時点で期待は出来ませんね。



うー、こんなことはどうでも良いんです。
明日は画像付きで更新します。
えぇ、自分にプレッシャーかけてます。(笑)

HomeNext ≫

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード