アクア日記 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しわしわ葉

ある程度KHの高い水質を好む水草を探すと、
意外と選択肢は少ないもので、
昔から知られるものではパールグラスやニューパールグラスが有名ですが、
今回の20㎝キューブ水槽にはあえてその2種は使わずに、
別の種を模索しました。
パールグラスやニューパールグラスは、
おそらくこの水槽でも機嫌良く育ってくれるはずですが、
生長の速い水草なのであっという間に水面に到達してしまうのと、
横方向への進出も旺盛な種なので、
今回のキューバパールグラスを覆ってしまいかねない為です。
その為、生長のコントロールがしやすい種類、
生長の遅い種類を選択しました。

そこで選んだのがこの水草。

ポゴステモン ヘルフェリー レッドタイプ

ポゴステモン ヘルフェリー Pogostemon helferi

最近では従来のPOTでの入荷の他、
組織培養での入荷も見られるので入手は容易ですが、
今回は一般に流通しているタイプではなく、
レッドタイプと呼ばれる、
通常種よりもやや赤みがかるタイプを植栽。
前景のキューバパールグラスのライトグリーンと、
後景のアルアナの夕焼けの赤とをつなぐ役割をしてくれたらな、と思いまして。

このレッドタイプ、おそらく元株は、
数年前にプライベート便等で何度か入荷した現地採集株のうちのどれかの増殖株でしょう。
カンボジアから入荷したものは赤みを持っていたのを記憶していますが、
カンボジア産の増殖株かどうかは今となっては不明です。
とはいえ、色彩以外は一般に流通するグリーンタイプと差は無く、
単なる地域変異だと思われます。

ポゴステモン ヘルフェリーは新しいソイルを使えばKHが低い水質でも育ってくれます。
しかしながら、しばらくは調子良く大株に育ってくれても、
ある時から急激に調子を崩し、
一度調子を崩すとそこから同じ水槽で立て直すのは非常に難しくなります。
おそらく初期のソイルに含まれるカルシウム分を使いきってしまい、
そのタイミングで一気に調子を落としているのでしょう。
カルシウムの要求量は多いようで、
液肥など、カルシウム分を含む微量元素を通常量供給しても、
あまり状態の改善が見られません。

今回ソイルは使い古しですが、
サンゴからのカルシウム分の供給は常時行われるはずなので、
長期維持が可能なのではないかと考えています。
本種の群生は他種ではあまり見られない独特の一角を作り出してくれるので、
上手く育って、株数を増やしてくれると良いのですが・・・。


スポンサーサイト

夕焼け小焼け

最初にこの草の名前を見たとき、
正直ちょっとダサいと思ってしまいました。。。(^^;

アルアナの夕焼け

アルアナの夕焼け Rotala ramosior

確かこの草は、広島のショップ、B-HOUSEの倉津氏が国内導入した種だったと記憶しています。
入荷時には種の同定がされておらず、
最初から「アルアナの夕焼け」という名で紹介されていたと思うのですが、
その後もそのままの名称で今日まで国内維持されてきましたね。
一部で、夕焼け=サンセットということで、
「アルアナサンセット」という名称でも紹介されていることがありますが、
もうここまで来たら今後も「アルアナの夕焼け」で良いと思います。

アルアナサンセット

この種もキューバパールグラスと同じく、
やや硬度がある水質を好みます。
KH0の水質でも育つときがあるのですが、
その場合、ちょっとしたことで状態が崩れるなど、
少し不安定な印象です。
やはり、多少なりとも硬度が高いほうが太くしっかり育つでしょう。
環境が合えば生長はそれなりに早く、
画像は水上葉の状態で植栽して2日後、
すでに頭頂部は赤い水中葉に変化し始めています。
環境にもよりますが、
状態が良いとその名の通り夕焼けのような綺麗な赤い色彩に染まるので、
緑の水草の中にポイントで植えると非常に映えるでしょう。


絨毯化なるか!?

さて、前回の記事でも書いた通り、
今回のメインはこの草。

キューバパールグラス

キューバパールグラス Hemianthus callitrichoies

今回はチャームさんでブロック状の「キューブタイプSサイズ」を3個購入し植栽しました。
本当は一本一本植えたほうが良いのかもしれませんが、
今回は1ブロックを2~3個にに分割し塊のまま植栽。
植栽前にソイルの中には太さ1㎝、長さ3㎝程度のサンゴを5つ埋め込んであります。
さらに、同じサイズのサンゴをフィルター内にも4つ入れてあります。
それから、底床クリーナーを念入りにかけてしまったので、
カミハタスティックを1本、8分割して埋め込みました。

使用した水はカルキを抜いただけの水道水。
我が家の水道水はPHが7.0~7.2程度なので、
無調整でちょうど良いかな、と。
KHは現在3~4でした。
このまま維持していければ、
水質的には本種にとって何の問題も無いはずです。

ということで、新たなスタートを切ったのですが、
パウダータイプの底床が露出したことで、
フィルター(エデニックシェルト)の出水の水流で底床が掘られてしまうという事態に。
前回記事の全体画像で、前面の底床のラインが乱れているのはそれが原因です。
慌てて余っていたエーハイムのシングルタップを吸水ホースの途中に付けて、
やや水流を弱めてみました。
上手いことキューバパールが底床一面に繁茂してくれれば、
水流を弱める必要も無くなるのですが・・・。

次回はその他の水草についてご紹介予定。


らいとぐりーん!

その色ももちろんですが、
質感も含めて、柔らかい印象のある水草です。

パンタナルバコパ

パンタナルバコパ Bacopa sp.“Pantanal”

この種も国内導入からかなりの年月が経っていますが、
なんとか国内流通にも残っていますね。
大手有名通販店でも販売されています。
販売名が“ローライマ”になっていますけど。。。(^^;

ちなみにローライマバコパはこれとは別種で、
もう1回り大型で直立して育ち、
やや長めの葉は下向きに大きくカールするので、
区別は容易です。
ただ、ローライマバコパは現在、
国内絶滅してしまっているかもしれません・・・。
うちでもいつのまにかロストしてしまっていました。。。

話はパンタナルバコパに戻りまして、
栽培は低PHで炭酸ガスを添加していればそれほど難しくありません。
サイズが小さいので小型水槽でももちろん使える水草ですが、
よく脇芽を出してこんもりと茂るので、
大きめの水槽で一画を埋め尽くしても非常に美しいでしょう。
トニナに見られる溶けが本種にも伝染することがあるので注意が必要ですが、
本種から溶けが発生することはあまり無いので、
その点では密植してもそれほど心配は無いのですが、
あまりに密植させすぎると下葉が落ちて茎だけになってしまうので、
適宜トリミングで密度を調節し、
下葉にも光がよく当たるようにしたほうが良いでしょう。


赤い羽根

この水草も大好きな水草ですが、
何度か我が家の水槽から姿を消しています。。。

レッドピンネイト

パンタナルレッドピンネイト Ludwigia inclinata var.verticillata

栽培自体は難しくないんですが、
綺麗に長期維持するのは非常に難しいと感じています。
とても肥料食いなんですよね。
他の水草が問題無く育っていても、
この種だけは直径が小さくなって貧弱になってきてしまうんです。

画像の株も、1本だけ45㎝水槽で維持していたものを、
60㎝レギュラー水槽立ち上げと同時に植栽したものですが、
上部の勢いのある部分はこの水槽で展開した部分、
その下のくびれの様になっている直径の小さい部分までは45㎝水槽で展開していた部分です。
45㎝水槽はすでに立ち上げから数年経過しているので、
肥料分が少ないと思われ、
直径が小さくなってしまっていました。
一方この水槽は新しいアマゾニアにパワーサンドも仕込んでいるので、
すぐに直径が大きく、美しく育ってきました。

本種は微量元素の添加ももちろん有効ですが、
それよりも窒素分の量が大きく影響しているように感じます。
新しいソイル水槽での挙動がそれを物語っていますね。

最近ADAの液体栄養素がリニューアルしましたね。
その中に、窒素分を添加するための液体栄養素、
「グリーンブライティ・ニトロ」があります。
自分も早速購入し、
20㎝キューブ水槽で実験的に添加してみましたが、
それなりの効果がありました。
なかなか使える液体栄養素かもしれません。
まだこの水槽には窒素不足の傾向は見られないため添加していませんが、
今後様子を見ながら添加のタイミングを探っていこうと思っています。
上手くいけば、本種の最高の状態での長期維持に光が見えるかもしれません。

それまでにまずは1本しかないレッドピンネイトを殖やさなくては・・・


HomeNext ≫

プロフィール

まさ

Author:まさ
魚や水草、水辺の植物
についてのあれこれ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。